鍼灸院と鍼灸整骨院の違い

今回は、鍼灸院と鍼灸整骨院の違いについてです。

慢性前立腺炎にせよ不妊症にせよ、鍼灸治療を受けようと思った時に
皆さん「鍼灸院と鍼灸整骨院はどう違う?」と一度は
疑問に思われたのではないでしょうか。
患者さんからもたまに質問を受けます。

その違いを簡単に説明すると
・鍼灸院では、主に東洋医学的に診立て・治療をします。
そしてその治療範囲は、何となく体調がよくないといったものから、慢性前立腺炎や不妊症・アトピー、喘息などのアレルギー疾患・整形外科的疾患・・・と多岐にわたります。

・それに対して鍼灸整骨院では、西洋医学的に診立て・治療をします。
そしてその治療範囲は、基本的に整形外科的疾患となります。

鍼灸整骨院の中には、まじめに東洋医学に取り組んでいる所もあるのですが、これは本当に稀なことで、鍼灸整骨院を100軒回って1軒でも巡り逢えたら幸運といって良いでしょう。

また患者さんにとっては、鍼灸院では保険を扱っておらず、
(鍼灸)整骨院では扱っている、という点も大きな違いとなります。

因みにこの違いは国の保険制度によるものなのですが、
鍼灸整骨院でも、まじめに東洋医学に取り組んでいる所の鍼灸治療に関しては
自費扱いになります。

「不妊症」・「慢性前立腺炎」の治療ブログ
大阪府吹田市(豊中・千里中央近く)の漢方鍼灸院・鳳仙花より