慢性前立腺炎に青汁・亜鉛・ノコギリヤシ・セルニルトンは必要?

慢性前立腺炎を少しでも早く治す為にはどうすればよいのでしょうか。
今回はそのことについて簡単に一言です。

1、まずは何よりも、発症してから少しでも早いうちに治療を開始する。
慢性前立腺炎を発症してから早いうちに当院に治療に来られた患者さん達は
比較的少ない治療回数で症状が治まる傾向にあります。
これには症状を起こしている場(前立腺部)の破壊が進行する前に
治療により歯止めをかけるという効果と、慢性前立腺炎の症状による
強いストレスでの全身状態の更なる悪化を防ぐという効果があります。

2、「その方に必要な養生法」を実践する。
そもそも「その方に必要な養生法」というのは、一般的によく言われている
青汁・亜鉛・ノコギリヤシ・セルニルトン・・・などを含みません。
なぜならこれら上記のものは、一部の体質の人や特定の生活習慣を送っている人に対しては効果があるのですが、それ以外の大多数の人には全くといっていいほど効果がないからです。
当院に来られる患者さん方も、ほとんどの方は上記のどれか・あるいは
全てを試したうえで来られるのですが、どれも効果がありませんでした。
(だからこそ当院を受診されたわけなのですが)
そして、上記のものを使わずとも多くの患者さんが当院の治療を無事に卒業されております。

話を戻しまして
では「その方に必要な養生法」とはどのようなものか簡単に言うと
・その患者さんが慢性前立腺炎になった原因や助長させている要因を
特定して止めていただく。
・原因や要因を除去する為に役立つことを実践する。
というものとなります。
ちなみに当院ではこれらの原因・要因などをそれ用の問診表の記入と、その後の問診から特定していくのですが、その作業に時間が掛かるために初診では2時間ほど掛かってしまうのです。

この養生法を守っていただくことが治療の基本となっており、しっかりと守っていただける患者さんはそれだけ治りは早いです。
逆に見事に守らない方もおられるのですが
そのような場合残念ながら非常に治りが悪いのが現実です。

「慢性前立腺炎」・ 「不妊症」の治療ブログ
大阪府吹田市(豊中・千里中央近く)の漢方鍼灸院・鳳仙花より