不妊症のQ&A

Question: クリニックで不妊治療を受けているのですが、並行して治療することはできますか?

Answer:大丈夫です。不妊治療を希望される方の多くは、クリニックでの治療も並行して受けておられます。高度生殖医療を受けられる場合においても、東洋医学的な治療によってお父さん・お母さんの身体作りをしておくことはとても大切なことです。

Question: タイミングの問題で、急にクリニックへ行くことになりました。予約をキャンセルしても構いませんか?

Answer:これはよくあることなので大丈夫です。キャンセルも再予約も気にせずお気軽にどうぞ。
もちろんキャンセル料などは戴いておりませんのでご安心ください。

Question: クリニックで原因不明と言われましたが、治療してもらえますか?

Answer:東洋医学では西洋医学とはまた違った角度から原因を究明して治療してゆきますのでご安心ください。病院での検査によって問題がみつからないような場合は、機能的疾患(※)として扱われることが多いのですが、それは東洋医学が得意な分野とされているくらいです。
※検査において解剖学的・病理的な異常が見当たらないにも関わらず、臓器や器官などの働きが低下する疾患。

Question: 針やお灸は身体のどこにするのですか?

Answer:基本的には「お腹」「背中」「手のヒジから先」「足のヒザから先」のツボにします。
「頭の頂点」などにすることもありますが、いずれにしてもあまりとんでもない場所にすることはありませんのでご安心ください。

Question: 生理中でも治療を受けて大丈夫でしょうか?

Answer:大丈夫です。生理中の治療では生理痛が軽くなることもありますのでお気軽にご相談ください。

Question: 治療に通うのに期間が空いてしまうのですが?

Answer:このような場合は治療効果を持たせるためにご自宅で、お灸・個別に考えてお伝えする養生法・漢方薬などを実践していただきたいと思います。空いてしまう期間やその方の状態にもよりますが、それらの方法を具体的にお伝えさせていただきますので、まずはご相談ください。

Question: いずれ出産を考えています。とりあえず今は体調を整えたいのですが?

Answer:体調を整えておくことは妊娠する・しないに係わらず大切なことですので喜んでお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

Question: できるだけ自然なかたちで妊娠したいのですが?

Answer:このような場合、まさに東洋医学がお力になれる分野ですので喜んでお手伝いさせていただきます。ただし、あきらかに高度生殖医療等を受けた方がよいと思われる場合には、正直にお伝えさせてください。そうしないと患者さんの不利益になってしまうこともあるのです。

※その他、鍼灸について疑問や悩みなどありましたらメールやお電話でお気軽にご相談ください。もちろん相談は無料です。

当院で不妊症への施術をご希望される方へのお願い

奥さま

  • 今まで通った病院での経過や、服薬したお薬・漢方薬などが分かりましたら、その内容のメモなどをご持参ください。
  • 基礎体温表があればお持ちください。
  • できれば排卵日の前後や生理周期に合わせた体調の変化と、生理の状態をメモしてお持ちください。

御主人さま

  • 禁欲期間は1~2日が良いとされておりますが、個人差もありますし、何より過労状態の場合は先ず体力の回復が優先されますので、心配のある場合は御相談ください。